第159回例会 交通事故被害者遺族となってー12歳で旅立った息子とともにー

金沢レディースベンチャークラブ、第159回例会は、公益社団法人福井被害者支援センター相談員 交通事故被害者遺族「自助グループ『光の風』」代表で、命の大切さを伝える講演活動をされている、宮地 美貴子氏に、お話しいただきました。

はじめに、浅野会長よりご挨拶をいただいた後、石川被害者サポートセンターの支援コンサルタントをされている当会の萩原リーダーからセンターの活動についてのお話しがあり、講演に移りました。

宮地 美貴子氏は、2002年9月、交通事故に遭った長男(当時小学校6年生11歳)が脳死状態となり、翌年2月、12歳になったばかりの長男を亡くしました。
翌年から故人の人型のパネルや写真を展示して、命の重みを訴える「生命のメッセージ展」に参加。
その後、自分と同じ交通事故被害者遺族の自助グループ「光の風」を立ち上げ、遺族の方々から相談を受ける一方、学校で、命の重みを人々に訴える活動や講演等を行っています。
宮地 美貴子氏の掲げる願いは
「悲惨な事件や、事故をなくしたい。」
「命が守られる社会をつくりたい。」
「生きたくても生きられなかった人の分まで生きてほしい。」
「究極の目的は命への賛歌」

お話しを伺い、私達がまず、お手伝いできること、それは、
被害者サポートセンターがあることをまず、広く県民の皆様に知っていただくためにご紹介することだと伺いました。
この度の、例会の報告やパンフレットなどを配布すること等で、少しでも多くの方に見ていただき、知っていただくための、一助になることを願ってやみません。

講演終了後、安藤副会長から謝辞がありました。
また、当会の秋に向けてのフォーラムの進捗についても水上副会長からご報告があり、それを確認し例会を終えました。

 

IMG_8364
例会の始まりに際し、浅野会長よりご挨拶をいただく

 

IMG_8367
萩原リーダーより今回の趣旨を説明いただく

 

IMG_8368
講師の宮地 美貴子氏

 

IMG_8373
謝辞をのべる安藤副会長

 

IMG_8372
宮地氏の講演を聞きいる会員

 

IMG_8380
安藤副会長と石川被害者サポートセンターの皆様

 

IMG_8383
水上副会長



 

 

第158回例会 日立ソリューションズの働き方改革の取り組みとITの活用事例

2月例会は、講師に、株式会社 日立ソリューションズ 人事総務本部 担当本部長 井上正人 氏と、株式会社 日立製作所 北陸支社 相馬 支社長 をお招きし「日立ソリューションズの働き方改革の取り組みとITの活用事例」と題してお話をいただきました。

はじめに、浅野会長より挨拶の後、萩原リーダーより、会の運営についての報告があり、それを確認しました。

講演内容については、

  • トップの本気度を徹底して伝え、現場の悩みを本気で聴く
  • まずは役員から休暇を取ることで、部下が休暇を取りやすくする
  • 残業を減らし、休暇取得推進で、メンタル罹病率が大きく改善し営業利益率もアップした

など、働き方改革の取り組みは経営の大きな課題であるということ、また大規模と小規模の場合においてのITソリューションの活用事例をご紹介いただき、すでに、事務系におけるテレワーク就業活用、AIの活用などが進む中、今後は、工場の見える化を図るソリューションの開発を進めていることなどをお話いただきました。

質疑応答も、活発に行われ、また、ご講演の後の懇親会では、講師の皆様とともに会員の親睦を図るとともに、意見交換をし終始和やかな時間となりました。

IMG_8141

 

IMG_8139

 

IMG_8150

IMG_8154

IMG_8157

 

IMG_8144

第156回例会 忘年会

12月の例会は、金沢にオープンしたばかりのフランスのスターシェフ、ドミニク・ブシェ氏のレストランにて、忘年会を開催しました。

来年度リーダーの萩原サブリーダーの進行により、浅野会長から、次期のレディースベンチャークラブの方向性について、また、水上副会長からも来年度開催予定のフォーラムの進捗についてのご報告をいただきました。
美味しいお料理を堪能しながら、一年の労をねぎらい親睦を深めました。
終始、笑いの絶えない和やかな忘年会となりました。
終盤では、各自が持参したプレゼント交換会も大いに盛り上がり、最後の締めは安藤副会長の挨拶で、一年を締めくくりました。

IMG_7624

IMG_7610

IMG_7637

IMG_7633

IMG_7628

IMG_7627


IMG_7642 IMG_7640

 

003

007

006

005

004

 

 

 

第155回例会「税務署は3年泳がせる」元国税調査官ベストセラー作家が良心経営を語る!

11月8日、金沢レディースベンチャークラブの例会は、新田リーダーの進行で、はじめに、浅野会長からの挨拶がありました。
会員企業の中でも様々な問題を抱える、働き方改革についての現状についての話や来年、開催予定の当会のフォーラムについての現状の報告などを確認しました。

例会のご講演は、「税務署は3年泳がせる」元国税調査官ベストセラー作家が良心経営を語る!と題して 飯田真弓税理士事務所代表税理士 飯田真弓先生をお招きしお話をいただきました。
和服姿の印象からは、どんなお話になるのか、とワクワクしながら拝聴させていただきました。
内容は、

  1. 税務調査に選ばれる4つのステップとは?
  2. 事前通知があったら・・・
  3. 調査官に言ってはいけない3つの言葉、、、
  4. 顧問税理士の選び方と付き合い方
  5. 調査官は何を調べに来るのか?
  6. コミュニケーション研修してますか?

など、ご自身のご経験からのお話を、女性目線でキャリアを積んでこられた実体験のお話は、わかりやすく、会場は笑いが止まらないほどに、楽しい雰囲気でご講演いただきました。質疑応答でも、会員から意見や質問が活発に行われ例会を終えました。

ご講演の後は、講師を交え、和やかに懇親会を開催しました。

 

IMG_7305

講師 飯田真弓氏

税理士、産業カウンセラー、(社)日本マインドベルス協会代表理事。26年間国税調査官として七つの税務署でのべ700件に及ぶ税務調査に従事しながら、結婚、出産し、二人の息子を成人させる。著書に『税務署は見ている。』(5万部を超えるベストセラー)、『B勘あり!』『税務署は3年泳がせる。』『調査官目線でつかむセーフ?アウト?税務調査』がある。

IMG_7302

IMG_7304


IMG_7308

IMG_7313

IMG_7300

第150回例会 ストレスマネージメントとマインドフル

6月14日(水)の例会は、金沢医科大学(臨床心理士・芸術療法士)の北本福美先生より「ストレスマネージメントとマインドフル」と題してお話いただきました。

はじめに、浅野会長の挨拶の後、北本先生の講演が始まり、心の在りよう、ストレスマネージメント、自己メンテナンスについて、お話をいただき、アンガー(怒り)をマネージメントや、アサーティブチェックリストでは、自分自身のバランスに頷く場面も。最後にマインドフル呼吸法で瞑想を行いました。

会が終わる頃には、参加した会員の笑顔が印象的でした。

例会終了後は、懇親会が行われ、和やかな時間となりました。

IMG_6163

IMG_6165
IMG_6168

IMG_6167
IMG_6170

IMG_6169

 

第149回例会 株式会社箔一様の新工場見学会

第149回例会は5月10日に行い、株式会社箔一様の新工場を見学いたしました。
金箔の箔打や、アラザンやシュガーなどの箔コーティングされた食品など、製造の現場を見学させていただきました。見学後は、倉庫をリノベーションしたお洒落なカフェで昼食を取り、親睦を深めることができ、楽しいひと時でした。
この場を借りて、お世話くださった株式会社箔一のスタッフの皆様に感謝申し上げます。

18342392_1292011314215256_918070976946512037_n

 

18341783_1292011184215269_8980778618379397670_n

17992067_1292011300881924_7647043031466020807_n


18342205_1292011187548602_4580590002480591249_n


18424230_1292011450881909_6781640998129428170_n

18423789_1292011340881920_3927796426135756202_n

18402714_1292011240881930_2335880480836408861_n

18402650_1292011380881916_2305167609650674326_n

18425225_1292011237548597_6685803264966472313_n

 

 

第148回例会 「自分で入る、自分で増やす、自分の年金

自分で入る、自分で増やす、自分の年金、今話題の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の活用方法と会社の福利厚生制度に準ずるお話を当会の新田陽子会員が講師を務めました。以外と知っているようで知らなかった年金の話、得した気分でした。

 

17884439_1469576156448233_878534818649361467_n浅野会長の挨拶からスタート。

11200761_1469576199781562_1568259127222542872_n講師:新田陽子会員

 
17757512_1469576183114897_3983316776144271176_n

 

 

 

第147回 例会「脱★ドンブリ経営 実践セミナー」

3月例会は、講師に小林弘昌税理士事務所 小林 弘昌氏をお迎えし、お金の悩みから開放されて、本業に専念したい経営者のための「脱★ドンブリ経営 実践セミナー」と題してお話をいただきました。

新田リーダーの司会進行のもと、まずはじめに、浅野会長より、挨拶があり、今後の予定など伺いました。

講師の小林氏からは、ビジョンに導かれる経営の全体図(ビジョナリープラン)ミッション、セルフイメージ、スピリッツ、ビジョンを明確にし、会社のお金の流れの全体、一般的な収支構造を知り、自社に置き換えてみたりしながら、簡単なキャッシュフォロー経営の実践についてお話を伺いました。
経営者と従業員、労働の問題、実績に基づく評価と賃金についてなど、業種ごとの収支構造など、質疑応答を交えながら、講義と意見交換がなされました。

講演の後は、講師を囲んで、和やかに懇親会が行われました。

IMG_5449

IMG_5452

 

IMG_5455 IMG_5454 IMG_5453

 

29年度総会が開催されました

1月18日 (水)18:30より、金沢市のITビジネスプラザ武蔵に於いて平成29年度、金沢レディースベンチャークラブ総会を開催しました。

平成28年事業報告、決算報告、平成29年度の事業計画など、すべての議案に関し満場一致をもって承認されました。

今年度の役員、リーダー、サブリーダー次の通り。

会長 浅野 邦子
副会長 安藤 喜代子
副会長 水上 誠子
会計 中屋 薫美
リーダー 新田 陽子
サブリーダー 萩原 扶未子
サブリーダー 徳久 宏子

 

 

 

第145回 例会 女性の健康と美をサポートする「エクオール」について

12月14日(水)開催の例会は、ANAクラウンプラザホテル金沢に於いて、はじめに、浅野邦子会長からのあいさつがありました。
挨拶では、当会の意義を明確にすることをさら進めることを参加者で確認しました。

そして、今回の講演は、外部講師として、大塚製薬株式会社 ニュートラシューティカルズ事業部の課長、小川清美様をお招きしお話を伺いました。

女性の健康と美をサポートするといわれる「エクオール」についてのお話です。


大豆にあるイソフラボンは、腸から吸収されますが、そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される人と、エクオールという成分として吸収される人がいるそうです。この違いによってイソフラボンの健康効果に差がうまれ、エクオールの方がより高い女性ホルモン、エストロゲン活性を持つことがわかってきたそうです。
「エクオール」をつれる人とつくれない人がいるというのです。
日本人は、欧米人にくらべて大豆を摂取することが多いためエクオールを作る人が多いそうですが、近年は減ってきているそうです。

つまり、この「エクオール」を作れる人の方が、女性の肌機能、骨密度など更年期症状緩和への手助けをしてくれるというものだそうです。
今回はこのエクオールをチェックする検査キットやサプリメントもご紹介いただきました。
参加者には、はじめて耳にするといった人も多く、大変貴重なお話を伺うことができました。

セミナー後は、恒例の食事会を開催しました。

木和田里美/文写真

img_5069
浅野邦子会長のあいさつ

 

img_5072
大塚製薬株式会社 ニュートラシューティカルズ事業部の課長、小川清美氏

 

img_5076
例会の様子
img_5078
新田陽子サブリーダーから、報告

 

img_5077